安曇野地球宿イベントブログ

地球宿が主催・共催・応援協力するイベント情報や地元観光情報のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月19日(月)の夜、地球宿で『子育て談話室』なる集まりが持たれた。
主催は子育て談話室実行委員会。
参加者は地元の小学校高学年の親たちを中心とする17名の人たち。

第1部は講師加藤圭さん(小学校教諭)によるパワーポイントを使っての講話。
親も先生も子どもを叱るが、その場合子どもたちは、
なぜ叱られているのかが分からないことが多い。
またほめられる時も同様の場合がある。

加藤さんは
「ほめるにせよ、叱るにせよ、その前にまず、しっかり『教える』ことが必要。
 しっかりと教えることで、それをやればほめられるし、
 そうでなければ叱られる、ということが子ども自身が納得するようになる。」
と話した。

1203190100.jpg 1203190102.jpg 1203190104.jpg

第2部は車座になってのフリートーク。
親たちが日頃の子育てについて語り合った。

ある親は、
「上の子は物分りがいいから、分かってるな~と思って、
 あまりしっかりと教えるということをしてこなかった。
 子どもはよく分かってないこともあるのかも。」
と自分と子どものやり取りについて振り返った。

一方、
「ほめることは大切だが、そのような評価に依存するのではなく、
 子ども自身に内在する意欲ややる気そのものを育てていくことも大切。」
という意見が別の親から出された。


今回の子育て談話室は、子どもが春休みに入り進級するにあたり、
子どもだけでなく、親も進級しよう、という呼びかけのもと集まった。
日頃の子育ての悩みを出し合う機会ともなり、これからも夏休み前や冬休みなど、
子どもたちの節目節目にあわせて親たちも考えていこうとシリーズ化が予定されている。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。