安曇野地球宿イベントブログ

地球宿が主催・共催・応援協力するイベント情報や地元観光情報のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みを目前にした7月16日、子育て談話室第3回が行われました。
今回も現役小学校教師Kさんをメインスピーカー、
小学生の子どもを持つ親たちに加えて、子どもたちが通う地元小学校の先生やPTA役員も参加。
学校相談員や小児科医師も加わり、多彩な顔ぶれ。

メインテーマは”母性としての教師・学校”といったところでしょうか。
子育てにおける声かけのポイントから宿題は必要かという教育談義まで、
それぞれが思うところを出し合いました。

1207160071.jpg 1207160076.jpg 1207160078.jpg

以下、企画運営者の感想。




●Kさん メインスピーカー、小学校教師

やりたいことがやれたな、という心地よさを感じております。
ああいうメンバーでも、「話し合う」ことができるのが
いいですね。つながれた心地よさがあります。

地元小学校から参加してくれた先生も、しっかりと気持ちを話していたし
来てよかったと思ってくれていると思います。
場があることのすごさ、記憶に残ると思いました。

こうやって先生たちと関わっていく場が、小倉には恒常的に
ある、となったら、どんなにか貴重なことでしょう。

どこか他の学校へ転勤しても、
「ああ、三郷の小倉では、お母さんたちとしゃべる場があったなあ」
ってなるかと思いました。

「縁側⇔教育」で今回やりましたが、
秋にももう一度、させてください。
「縁側⇔医療・教育」というコラボでやりたいと思います。

あの「縁側」に、とうとうお医者さんも来た!

というキャッチコピーはいかがでしょう。


●荷見くみこさん 懇談会のファシリテーター、小学生の親

Kさんのお話は毎度ながら素晴らしく、学びになったのは勿論ですが、
今回はWさんに助けられながら、第二部で進行をやらせていただき、
後から、発見や反省が沢山出てきて、こうすればもっと良いなとかいう気づきや
課題が明確になり、本当に勉強になり、楽しかったです。
 
またそんなことをシェアできたらな、と思っています。
 
今回は、多様な職種、バックグラウンドを持つ方が集まって、
そんな中でみなさんの本音が聞けたりして、内容が深いものになったなと、
充実感に浸っています。
 
Kさんのメールを見て、先生たちが、こういう場に参加していき、
例え離れても、振り返った時にこの経験が少しでも力になってくれたら、
と思うとジーンとしてしまいました。
 
保護者として、先生から学ばせてもらうという、一方的なことだけではなく、
先生にとっての保健室的な場所を作って支えていくということによって
双方向的な関係ができたらとても素敵だな、と思いました。

また、多様な立場の人同士が、思いをシェアし合って、おたがいの理解を
深めていくことが和合につながり、平和な方向へ進んでいく、という
ひなたぼっこ(里山保育)での理念と重なるものをここでも再確認しました。
 
そのために今後とも協力させていただきたいと思います。
今回はその感触が得られた貴重な機会でした。
ありがとうございました。


●和田さん 福祉施設勤務、縁側プロジェクト主宰、『子育て談話室』主催

改めて昨日はああいう”つながる場”の必要性を再認識できる、
素晴らしい機会になりました。
今の社会に生きる人達は、大人も子供も…それぞれの立場で縦割りにされてしまっているから、
みんな孤立し易くなっているんですね。

だからこそ、昨日のような場が、もっと増えて、普及していったらいいですね☆
そして皆が安心して”母性”を発揮出来るような社会が出来あがっていけば良いなと思います!

個人的には、日本的な”本音を言えない・空気を読み過ぎる文化”の突破口としても
”縁側プロジェクト”が役に立つことが分かり、
ますます”縁側”の魅力に引きこまれているところです!

本当に昨日のイベントに参加出来て、大大収穫でした!




次回子育て談話室は11月を予定しています。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。