安曇野地球宿イベントブログ

地球宿が主催・共催・応援協力するイベント情報や地元観光情報のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年の安曇野ひかりプロジェクトは、
昨年に引き続き今年の夏も福島の親子を迎えての保養プログラムを実施します。

昨年のプログラムを開催した際に、
参加者から「来年もまた来たい。」という声を多数頂いていたのですが、
今年はどうしようか?と話し合った際に、
まずは昨年の参加者に手紙を書いて、
今どんな思いで暮らしているか聞いてみようということになりました。

参加された6組のうち、5組の方から返事をもらい、
今も線量による生活不安を感じながら暮らしていること、
一方で福島は「復興」が強調され、不安な思いを出しにくくなっていることなどが分かりました。

1304070057.jpg 1304070058.jpg 1304070060.jpg

ひかりPの活動は、福島の方たちの思いや願いが指針となります。
要望があることが分かり、今年も保養プログラムを開催することに決めたのです。
保養の日程は8月17日(土)~21日(水)の4泊5日で決定です。

そんな中で4月8日は保養プログラムに向けてのはじめの一歩となるイベントを開催。
第1部は手作りスイーツを食べ、カフェをしながらのミーティング。
そして第2部は長野県飯山市在住の旅する音楽家マリオこと丸山祐一郎さんのライブ。

1部では昨夏の保養プログラムの様子、そして福島の方たちの思いを確認。
そして夏の保養プログラム作りに向けて話し合いました。
すでに葬儀場などで手に入る残蝋燭を生かしてのキャンドルを作り販売し、
その収益を保養プログラムの資金にあてようとしている活動などが紹介されました。

ひかりPの活動で集めるプログラム運営資金の目標が約20万。
それぞれが特技や持ち味を発揮し、やれることをやり、繋がっていくことで、
この金額も集まり、そして繋がりがプログラムで受け入れる際の安曇野の和になるのだと思います。

1304070063.jpg 1304070066.jpg 1304070077.jpg

第2部のライブでは、丸山さんとはるちゃんの素敵なボサノバ&サンバの音楽。
丸山さん自身も被災地支援をしていることもあり、
安曇野ひかりPへのエールをもらいました。

さあ今年もたくさんの人たちと繋がり合いながら、
安曇野の保養プログラム作りが始まります。
みなさん、どうぞ手をつなぎ、心をつなぎ合っていきましょう!

最後に市民活動家田中優さんの保養の必要性を伝えるメッセージを紹介します。


以下、新聞掲載記事

shinmai130408.jpg
4月8日付信濃毎日新聞掲載記事

shimintimes130408.jpg
4月8日付市民タイムス掲載記事



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。