FC2ブログ

安曇野地球宿イベントブログ

地球宿が主催・共催・応援協力するイベント情報や地元観光情報のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約1年3ヶ月ぶりのブルーベリープロジェクトの記事です。

ブルーベリーは今年で4年生、畑に植えて2年目です。
今年も春先に花芽を摘みました。
花芽は花が咲き、花が咲いた後に実をつける。
このエネルギーは相当なもの。
そのため花芽のうちに摘んで、そのエネルギーを根を張る方に使わせるのです。

0906300002.jpg 0907110104.jpg 0907090073.jpg

畑に植えた昨年はかなり気を使って一つ残らず花芽を摘みましたが、
今年は多少の見落としはOKとしました。
そのため、花が咲き、そして今ブルーベリーの実がついています。

おぼつかなかったブルーベリーの樹々は、なんとか成長し、
葉っぱもしっかりとした緑色で健康そうです。
農業改良普及センター石川さんや隣の畑でやっている自然農アドバイザー竹内さんが
それぞれの経験・視点からアドバイスをくれます。
それを受けて、こまめな水遣りや草生帯として播いたクローバーを刈って緑肥マルチにしたり、
稲わらを厚く敷き詰めたり、ブルーベリーがしっかり育つように手をかけてきました。
そしてなんとか実をつけるところまで育ってくれたかな、と感慨深いものがあります。


実を食べてみるとこれがまた美味しい!
大部分の花芽を摘んだせいもあって、残ってついた実はどれも大粒です。
今年は予告編、来年からがいよいよ本番です。

0907110095.jpg 0907110096.jpg

予告編ということで、昨年定植を手伝ってくれた地元の仲間や子供たちや、
地球宿の宿泊ゲストにも畑を案内し、泊まりに来てくれた量は少ないですが、
摘み取りを楽しんでもらいました。
嬉しそうに熟したブルーベリーの実をつまんで食べている様子に、
来年以降の摘み取り果樹園がイメージできました。

また摘み取ったブルーベリーでジャムを作りました。これまた美味しい。
デザートやケーキなどいろんな使い道があって活躍してくれそうで楽しみです。


今年一年、もう一度気を引き締めてお世話をし、樹の成長の安定化を図りたいです。
b10.jpg

ブルーベリー植え終わりました。
昨年購入した苗木が150本でしたが、49本は枯れ状態だったので植えず、
残りの101本を植えました。
品種は早生のアーリーブルーから晩生のエリオットまで約8品種。
無事に活着し、成長していくと2年後には約7月から9月ぐらいまで、
約2ヶ月ぐらいに渡って摘み取りができます。

今年は花芽を摘みました。
なぜかというと、花を咲かせるために使うエネルギーは相当なもので、
それではなく、根付くことに使わせたいからです。
鉢植えの苗を畑に移植していると、大きな苗は鉢の中でしっかり根を張り、
鉢から出しても土が崩れません。逆に小さな苗は鉢から出すと、
すぐに崩れてしまいます。
やはりしっかり成長するには、根をしっかり張ることが大切なのですね。
来年まで花芽を摘み、実を稔らせるのは2年後からです。

b6.jpg

畑に植えられた樹は、早くも葉を開かせ始めています。
ということは活着していっているということです。
願わくばこの101本すべてが活着し、ブルーベリーを実らせる立派な
果樹になっていってほしいです。


今回も仲間が応援してくれました。

マルチ用の籾殻を運んでくれた聡君ありがとう。
2年後にぜひ親方にブルーベリーを食べてもらいたい。
奥さんとも食べに来てね。

地元のパパママや同じ畑でやってる竹内夫妻も植えてくれました。
子どもたちの入学記念に植えてもらったけど、今後も成長を見守って下さいね。

九州から来た博紀君。20代の最後と30代の始まりを地球宿で過ごしてくれました。
博紀君のこれからも、このブルーベリー同様、大きく根を張っていけますように。

b2.jpg

この畑は散歩コースにあるので、地元の方たちも植える様子を見てくれました。
挨拶して話をした人もたくさんいました。
2年後は散歩がてらに摘んでもらおうかな。

かみさんとも娘とも一緒に植えることができて良かった。

b4.jpg

今後の作業として、列間・株間にクローバーなどの草を蒔き、草生帯をつくります。
これは雑草を押さえるマルチ代わりになり、将来的には摘み取りに来た人の歩く道にもなります。
また、これから熱い季節に向かうので、灌水パイプも準備しなければなりません。

随時、摘み取り果樹園づくりの状況をお伝えします。
ブルーベリー毎日目標本数を自らに課して、ひたすら植えております。
→様子はこんな感じ
桜の花が咲く頃までが植え時らしく、またブルーベリーの花芽も膨らんできて、
早く植えてあげたいという思いです。

さて今日は日曜日。仲間が応援に来てくれました。
この春は我が子も含め、小学校に入学した地元の仲間の子どもたちが多い。
そのファミリーに入学記念植樹をしませんか?と呼びかけました。

b1 (3)

「マイツリーにしていいよ。」とまでは気前よく行きませんが、
それでも実が成れば、散歩がてら摘み取りを楽しんでもらおうと思っています。
どうせだったら植えからやれば、成長も楽しみにしてもらえるかなと。

b1 (2)
b1.jpg

お父さんが一生懸命に穴掘りしたり、土を混ぜてる一方で、
集まった子どもたちは籾殻の山で砂場遊び状態。
それでも籾殻を運んだり、藁を敷いてくれたりして、
親子記念植樹?をしてもらいました。

b1 (4)

その後、熊本からやってきた援農ステイ中の博紀君と植え続け、
今日まで80本を植え終わりました。
ブルーベリーの列が段々とできていっています。
植樹も残りわずかです。

b1 (5)

地球宿ではこれからブルーベリー栽培に着手します。

昨年5月GWには、インターネットなどを通じて、宿づくり合宿に集まった
仲間たちで、約150本のブルーベリーの苗木を鉢に仮植えしました。
今年はそれを桜がきれいに咲く丘の麓の畑に本定植します。

ue1


そして数年後には実がなり始めます。
ファミリーが楽しそうに摘む姿、地元の保育園の子供たちが
散歩の途中に立ち寄って賑やかに摘む姿、そんな情景を思い浮かべると
幸せな気持ちになります。

また実を加工してジャムやジュースにもできます。
ジャム作りをしたい人やカフェをやりたい人たちと、
一緒に楽しめるんだろうな。

他にもどんなことができるだろう?
夢が展がります。

そんな地球宿のブルーベリー園づくりを一緒にやりませんか。


●要項
♪名称:地球宿ブルーベリープロジェクト
♪内容:第1弾 ブルーベリーの定植
♪日程:3月末から4月末にかけて1ヶ月間に渡り定植を行います。
     参加希望者は随時ご連絡ください。平日もOKです。
     特に以下の日程では広く参加を呼びかけます。
      ○4月13日(日)
       ※前日12日(土)に津村孝夫君の結婚を祝う会があります。
        祝う会とブルーベリーのセットで来てください。
      ○4月19日(土)
      ○4月26日(土)・27日(日)
♪特典:★予定では3年後ぐらいからブルーベリーの実が成り始めます。★
     ★定植作業をやった方は、ブルーベリーの実を食べ放題。    ★
     ★その時、また来てね。                        ★
♪場所:安曇野地球宿と地球宿畑
    安曇野市三郷小倉4028-1
♪参加費:・参加費無料
     ・宿泊される方は1泊2食5000円(夕食・宿泊・朝食)
     ・前泊、後泊OKです。
♪持ち物・服装:作業着、靴は長靴・地下足袋
♪主催/問合/申込:安曇野地球宿 http://chikyuyado.com/
         TEL080-5486-6111
         メール boetu@d6.dion.ne.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。